長澤まさみの髪型を最新のショート・ボブ・ロングまでを画像で見る

Pocket

ショートヘアの芸能人といえば、長澤まさみが頭に浮かびます。他にも米倉涼子や剛力彩芽などあると思うのですが、今回は長澤まさみの短髪スタイルを見ていこうと思います。ショートにしようと思っているあなたはどの時期の長澤まさみが良いのか、見ていきましょう!

 

2011年のモテキで見せたベリーショートヘアが最高説

長澤まさみはいつからショートヘアデビューをしたのか? それは2011年に公開された映画『モテキ』だと言われています。

もろ胸を鷲掴みにしている当時このシーンを見た私は衝撃を受けました。この濡れ場(?)的なシーンが印象強くなって、ネットで〝一番魅力的だったショートヘアの長澤まさみ〟となったのではないかと推測します。これは思いっきり男性目線ですよね。女性目線では、そうでもない?

まあこの映画で多数の賞を受賞していることもあるのでしょう。現に当時の女性が、このヘアスタイルをマネする方が続出していたようなので、男女それぞれにウケが良かったのですね。

そこで長澤まさみは調子に乗ったのか、ヘアスタイルがショート主流になってキャラとして根付いたのです。

ここまで短いと「ベリーショートなのでは?」とも思います。

定義としては、ベリーショートは襟足が3cmまで。ショートは肩から首の間。だそうです。

 

 

ボブからロングヘアまでイロイロ髪型を見る!

過去を遡って、ヘアスタイルの変わり様を見てみましょう!

 

2000年/東宝の『シンデレラ』オーディションで史上最年少12歳でのグランプリを獲得

芸能界入りした2000年の当時から短めのスタイルだったので、もともと長髪にはしない傾向だったようです。当時は史上最年少グランプリとして騒がれていました。現在はそれよりも2歳若い、10歳の上白石萌歌さんが2011年で最年少記録を保持しています。

 

2005年/元祖ビリギャル!? セミロングヘアー時代

おそらくこの頃がメディア露出上でいちばん長かったヘアスタイルだと思います。

TVドラマ、『ドラゴン桜』出演時の長澤まさみです。

こんな時期もあったのですね! もうすっかりショートヘアの印象があったので、驚きです。

 

2015年/もっと長かった! ロングヘアー時代

なんと! 数年前はめちゃくちゃ長かったのですね! テレビをよく見る人なら周知の事実かと思います。笑

この長髪を活かしてヘアケア商品のPRをしたときのコメントがこちら。

「いろんな髪型を経験して、髪の毛があることの大切さを感じて役と向き合った時も合ったし、常に自分を変えてくれる存在だなって。とくに女の人の髪は命といいますよね。強い自分になれたり、優しい自分に髪の質感や雰囲気で演出される。メイクとかと一緒だなって」と、髪のコンディションも役作りにかかわってくるようで、「髪を綺麗に作ることで自分に自信がついたりするんじゃないかなと思いますね」。

長澤まさみさんにとって「髪の毛」は、商売道具であり、自己表現の手段なのですね。

…って、後者はすべての人に当てはまりますけれど!

 

すみません。私の頭では長澤まさみは永遠のショートです。そのくらいショートヘアが印象的です。

それにしても、いつから伸ばし始めたのでしょうか?

 

2012年/土ドラ『高校入試』でまだショートを維持

『モテキ』の翌年まではショートだった様子。

こんな教師に襲われ、、違った。教わりたかった。

 

2013年/『女信長』ではカツラ

もしかしてこの頃から伸ばし始めていた?

当時は長勢谷祐介と交際していた? 現在は野田洋次郎との噂。

 

2013年/ボブでした!

フジテレビのドラマ『SUMMER NUDE』でボブヘアーだったことが判明。

こうして見ると、徐々に伸びていっているのがわかります。

 

 

そして2018年。安定のショート

もうショートヘアという型がしっくりきますね!

今後も僕らのショートでいてください!(意味不明)

 

 

長澤まさみ風ショートヘアのオーダー方法は?

あなたもショートヘアに挑戦してみたくなったのでは? 「どう頼んだら良いのかわからない!」と思うでしょう。

スタイリストに写真や画像を見せるのが一番手っ取り早いのですね。

注意すべき点は、

  • ショートカットに定評があるヘアサロンなのか
  • 髪質、頭の形、毛の量、クセを理解してくれているのか

 

なぜなら、『長澤まさみ』ではなくて…

 

『近藤春菜』になってしまう残念な方がいらっしゃるからです!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)