元日で廃人になって学んだこと

Pocket

2019年です。
 
あけまして
 おめでとうございます
 
 
 
 社交辞令として言うけれど、
 明けた実感がない
 

元日だというのにYouTubeのゲーム実況を見る。

 
 
「ゲーム実況なんて」って
 
 
 なんて生産性の無いことだと
 蔑んでいたけれど、
 
 そのコメント欄には
 愛のある言葉で溢れていた
 投稿者は視聴者に愛されている。
 つまりファンだ。
 
 とても素敵で羨ましい。
 
 私も無駄だと思いつつ、
 ファンと同じように
 見入っていしまっている。
 
 投稿者の他の動画も見てしまう
 これはファンになったということ。
 
 
 
 
 

今回もよい発見をした

 
 
は自分にとって
〝それ〟が
 必要かどうかではなく
 
〝それ〟は自分を
 
 
楽しませてくれるコトか?
 
楽にしてくれるモノか?
 
 
 この2点を判断基準にして
 時間と労力やお金を費やす。
 
 度が過ぎると
 浪費や依存してしまう
 
 
 
 これで大義名分さえあれば、
 
 結果として
 自分にとって良くないことでも
 世間にとって害があったとしても
 
 必要以上に物を食べるし
 必要以上のゴミを生む。
 
 私利私欲を満たして対価として、
 提供者お金を稼ぐことができる
 
 
 
 逆にいうなれば、
 
 大義名分が立派でも
 欲を満たしてくれない物事では
 稼ぐことはできない
 
 感謝してくれない。
 お金にならない。
 
 
 それが将来的に
 自分に良い事だとしても、
 社会に有益だとしても。
 
 ホワイトにクリアに稼ぐには、
 人の欲を上手く突いた
 上級テクニックが必要だ
 
 それなのに
 
世のため人のため』と、
 最初から難易度MAX
 攻めようとするから失敗する
 
 善行より悪行のほうが
 簡単なのは何事にも精通する。
 
 
 
「悪行をして稼げ」
 と言う意味ではない
 
 最初は皆、
デキが悪い〟ということだ。
 
 だからって
 価値がゼロなことはない。
 
 
 
 価値相手決めるもの
 
 価格提供者自信責任

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)