夢で月に行った話

Pocket


ZOZOの前澤社長よりも
一足先に月へ行きました!

の話なんですけどね。

無職になって
好きなだけ眠れるからって、

二度寝を繰り返して
一日のうち半日は
寝ているという、
自堕落な生活の やすまさ です。

とうとう月にまで
行ってしまいました(笑)

これは予知夢? 月まで行ける近未来的な乗り物

んか得体の知れない
大人一人で使う
小型のナニカで、
月に向かって一直線です。

大気圏や宇宙空間での、
なんやかんやな問題もお構いなし。

夢ですから。

頭では

「寒かったり熱かったり
息できなかったりするでしょう!?」

って驚きましたが、夢ですから。
シレッと月に到着します。

そして、すぐ帰ります。
月の石をお土産にしたかったです。

スピリチュアル的観点で考察

占い』でいうと、

「月に行くことは、
感性や直感が鋭くなっている

なのだそうです。

いまのところ、
なにも閃きませんけどね。

心理学では自分の可能性(シャドウ)?

理学者のユングが曰く、

睡眠で見る夢は、
その人の
深層心理が表れるそうです。

★自分の隠された
可能性や才能(シャドウ)

★取り繕った
表面上の自分(ペルソナ)

★理想的な異性
(男→女:アニマ/女→男:アニムス)

★男女別にある最終目標
(男:オールド・ワイズ・マン
女:グレイト・マザー)

なぜ深層心理が夢として表れるのか?

夢は印象に残った記憶を
脳内で整理する際に生まれる
副産物です。

それは

あなたが本当に気にしていること

恐れていること、悲しいこと、
楽しみにしていること、願望です。



ご精読ありがとうございました。

─ やすまさ ー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)