ハズキルーペ、PayPay、ZOZOTOWN。これからの広告の行く末

Pocket

ハ◯キルーペ、だぁ〜いすき!」という露骨な表現は、広告業界ではタブーだったようで、業界内で話題となっています。今年に入ってのZOZOTOWN前澤社長の1億円バラ撒き企画も含めると、今後の広告の「あり方」が問われるでしょう。PayPayも然り、昨年から広告の手段に変化が見られるようなので、調査してみます。

 

 

前澤友作のTwitterはフォロワーが約500万人増えた!?

 

一人あたりの単価では、20円でフォロワーを買ったことになります

これって

広告代理店に
下手に企画を依頼するよりも
破格の値段らしいです。

企画終了後は40万人くらい、
それこそ「現金なヤツ」が
フォローを外しているにしても、

SNSバズからのメディア露出による
広告効果で十分元は取れているかと。

 

 

 

こんな資本主義な世間をどう生きるか?

 

お金をバラ撒くことが有効だとしても、簡単にお金を撒けるわけでもないです。

ちなみに、ハズキルーペの会長が『週刊文春』でのインタビューで、

「会長によると渡辺さんのギャラが2億円で菊川さんが7500万円、館さんが8000万円、武井さんが7800万とかなりの大盤振る舞いです。本来、このように公表することはタブーとされています。しかしこれだけの額が支払われていると暴露されたことで、出演者にはおのずと結果がもとめられることに。タレントも事務所も覚悟を持ってのぞまなくてはならなくなるでしょう」(前出・広告代理店関係者)

タレントに多額の報酬を支払っていることがわかりました。

これに比べるとPayPayや前澤友作社長の方が消費者に喜ばれる広告手段をとったといえます。

しかし、

「貰えるモノは貰っとけ」精神の
 即物的な思考が世に蔓延るのはイヤですね

今回の一件で
YouTubeのイケハヤさんから学びました。

貧すれば鈍する

貧しい人はバカになってゆく。

インフルエンサー
(影響力のある者)の思う壺。

手玉に取られているのです。

最近で思うのは、

「お金には、貨幣そのものには価値は無いのかな?」

って思います。

僕はまだまだ
勉強が足りないみたいです。

 

 



 

ご精読ありがとうございました。

 

 

 

─ Yasumasa ー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)