タバコが害なのではない! 用法用量を守っていない未熟な大人がいるだけ。

Pocket


たばこ も〝ツール〟として利用しよう

タバコ(ニコチン)には情報伝達物質の遊離を促進する作用があります。この伝達物質には、ドーパミン(快感)・ノルアドレナリン(覚醒)・アセチルコリン(覚醒)・パゾプレッシン(記憶力向上)・セロトニン(気分転換)などがあるのですが、中でも多く遊離が促進されるのが、βエンドルフィンです。

バコの歴史は
マヤ文明から始まります。

当時は火や煙を
神として崇めていたので、
儀式の際に用いていました。

その後

アメリカ大陸やヨーロッパへ渡り、
インディアンは儀式や占い、
そして他者と親睦を深める
〝ツール〟としても利用していました。

現代人も親睦を深める点では
昔と変わらないようですね。

たばこにしろ酒にしろ、
自身が主体的に
支配できていれば
何の害もないと思います

マナーが悪かったり
節度が成ってなかったりで、

ツール〟に支配されている

そんな人が多いだけです。

「たばこ吸う人カッコイイ」。

確かに間違っています。

たばこ も 酒 も
節度良く使い熟せて
はじめて〝オトナ〟であって、

カッコイイと思います。



ご精読ありがとうございます。

─ やすまさ ー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)