本当の目標は心で決める。決まってる。

Pocket


目標は頭で決めず心で決める

はーい。やすまさ です。

ココカラサキは
苦痛と快楽を理解した人が
読み進めることで
効果を発揮する、

セルフコーチングの話です。

成功者は脳を支配できている?

功者といわれる

高次元の生活を満喫している人は
長期的な思考をしています。

つまり、

目先の短期的な
快楽に惑わされずに
将来に目を向けて、

そのためならば

苦痛を感じても
 耐えることができるのです。

成功者は苦痛と快楽の判断する
脳の性質を無意識で逆手に取って
セルフコーチングができます。

それは

育った環境などで
強制的に苦痛を感じて、
自然と身につけたのでしょう。

僕たちは意識的に
 修得するしかありません

その悪い習慣を
良い習慣へ変える方法は、

ワクワクすることです

人生を好転させるスキル

動を変えるほどの
 モチベーションを与える
 ワクワクする目標を定める〟

惰性で過ごしてきた
今までとは違う
新しい習慣を取り入れるのです。

それは強いストレスとなります

この強いストレスを上回る、
大いにモチベーションが上がる
目標を設定していないと、

すぐに

目先の短期的な快楽に
 飛びついてしまうからです。

長期的な快楽の事例

えば、

お金を貯めて
 欲しかったモノを買うために、

学校やバイトからの帰り道で
買い食いをしないよう、
わざと店を避けて
家に帰ったことはありませんか?

僕が欲しかったのは
バイクでした。

自宅から学校までの距離が
3キロくらいあったのと、
その間の強烈な坂道をチャリで、
帰りが上り坂です。

しかも、

沖縄の夏は暑く、
アスファルトの
表面上をメラメラと
波打つ状況。

たかだか百円ちょっとの
アイスクリームならばと、
たまーーに
買ってはしまいましたが、

(ダメじゃん…)

それは週に一回と
自制していました!

すべては通学路を快適に
 時間も短縮できる
 バイク通学のため!

バイクを買うまでは
ペダルを漕いで、
大謝名の坂道を
自転車で駆け登るのです!

「3か月後にはバイトの給料で
バイクを買って、

アクセルを捻るだけで
 全身に風を浴びながら
 気持ちよく
 この坂を登ってやる!

…振り返えると、

当時の僕は目標を掲げずとも、
無意識に
目標設定をしていたんですね。

このように、

「快適なバイク通学」という

長期的な快楽に
 フォーカスすることで

「アイスクリームの買い食い」という

短期的な快楽の
 誘惑に打ち勝つのです

(アイスは食ったけどね!)

て!

話が長くなってしまったので
このくらいで締めます。

スキルはもうひとつありますが、
次回にしましょうね。

ふたつのスキルが揃うことで
好転習慣を強固なものにできます!

お楽しみに!

今回の学習内容━━━━━━━━━━━

アイスは食べるな!

本当の目標はワクワクする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まず、

ワクワクする」ってなに?

沖縄で言う
チムドンドン」ですよね。

例えるなら、

子供の頃の、
遠足前夜のあの気持ち?

ゲームでいうなら

モンスターハンターの、
激昂したラージャンを
一人で討伐に成功した瞬間?

……すみません。

これは主観的過ぎましたね。

まあ。そんなこんなで

ワクワクって個人差があるので、

とりあえず
うひょー♪ってなる瞬間
過去にどんな場面であったかを
思い返すところから、
はじめてみましょう。



ご精読ありがとうございます。

─ やすまさ ー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)