未来を描こう!

Pocket


ミライをどれだけ疑似体験できるか

いぇーす。こんにちは。

『達成の科学』前回までは、

人の欲求には
7つのニーズがありまして、
その優先順位は
価値観によって左右される。

という内容でしたね。

回は

ゴールを達成するコツとして、
あなたの欲求ニーズを
最大限に引き上げて
決意を固める手助けを致します。

結論から言うと

明確なイメージができるか?

です。

 目を閉じてください

目を閉じたまま、

その状態を維持して
想像しましょう

ゴールを達成した瞬間の、
眼前の光景を!

何が見えますか?

周囲の状況は?

何か聞こえますか?

それとも匂いますか?

心境は?

どんな気持ちですか?

浮かんでくるものを
声に出すも良いし、
紙に書き記すのも良いですね。

ベストはマンツーマンで
相手に説明するように
伝えること。

その相手も茶化さずに、

当然あなたも相手に
お互いが真剣に
話せていないとダメです。

そのとき

興奮したり、はしゃいだりなど、
気持ちが上がれば本物ですね。

振り返ると見える光景は?

達成したときのイメージに
臨場感があれば成功です。

では、

それに至るまでの、
あなたの道のりを
振り返りましょう。

そのゴールを達成するために、

あなたはどんな困難を
 乗り越えただろうか?

これもまた想像しましょう。

今に起きたことではありません。

だから、

ゴールを達成できた
将来のあなた(わたし)は
きっと、
こんな努力をしたんだろうな

そう考えを巡らせるのです。

…苦しそうですか?

それとも楽しんでいますか?

頑張り過ぎている自分を
考えるだけで
心が痛くなるほど
臨場感があれば成功です。

次は最終段階です。

なぜ、ゴールを目指すのか?

これまで散々想像させといて、
いまさら「なぜ」と?

やぁやぁやぁ。

逆にこれが良いのです。

臨場感を煽って煽って、

「その強い思いは『なぜ』か?」と

いま、質問を投げることによって、
心の奥底に隠れていた
見えているようで
 見えていなかった本性

ドン! と現れて
腑に落ちるのです。

さぁ!

もう、すぐ答えられるはず。

あなたのその
ゴールを達成する理由は?

この質問を応えた
当時の著者は、

感極まって涙を流しながら
こう言いました。

「私は息子と一緒に暮らしたいのです」

今回の学習内容━━━━━━━━━━━

ゴールを達成した
 将来の自分を
 いま起きたかのように
 臨場感を持って
 脳内で再現する。

ゴールまでの過程も
 同様に脳内で再現する。

極めつけのなぜ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕の頭には

が見えます。

小学校の運動場くらいの広さで、
青々とした
幹や葉で生い茂っています。

近所の子供や婦人が
マイペースに収穫しています。

あっちにも、こっちにも。

苦労は嫌いなので、
楽しむようにしています。

思い返せば

なにもかも良い思い出です。

僕はバイクに跨り、
別の畑を見に行きます。

「なぜ?」って、

これが自然体で、
人の在るべき姿
だと思うからです。

お金を稼ごうと、

早く生産したから、
キレイに出荷したいから、
でも手間は減らしたい。

野菜を数字にしてしまうと
大切な大きなものが
見えなくなって、
失ってしまう。

だから、

はやく資本主義を克服して、
失われつつある
 本来の生き物としての
 人の在り方を実現したい

そう思います。

次回は

今回のワークで
『大いなる理由』を発見した
その次の段階の
ワークをご紹介します。

おたのしみに。



ご精読ありがとうございます。

─ やすまさ ー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)